NanoSquare:大阪府立大学「地域の大学からナノ科学・材料人材育成拠点」
英語サイトへ

大阪府立大学 科学技術振興調整費プログラム 地域の大学からナノ科学・材料人材育成拠点

サイトマップ
アクセス
お問い合わせ

新着ニュース

2017年5月30日[7月22日開催イベント]

第17回ナノスクエアカフェを開催します。

2017年4月28日[5月20日開催イベント]

NanoSquare拠点研究所研究室紹介イベントを開催しました。

2017年4月27日[研究者速報]

中瀬 生彦特別講師が第34回"とやま賞"を受賞しました。

公益財団法人富山県ひとづくり財団HPにて詳細はこちらから

2017年1月20日[2月6日開催イベント]

第34回拠点セミナーを開催しました。

一覧を見る »

プレスリリース

2017年3月29日[日刊鉄鋼新聞]

山田 幾也 特別講師らの研究『コバルト酸鉛合成 物材研などが成功』が掲載されました。

2017年3月27日[化学工業日報]

山田 幾也 特別講師らの研究『コバルト酸鉛合成に成功』が掲載されました。

2016年12月13日[化学工業日報]

山田 幾也 特別講師らの研究『酸素の還元と発生反応兼備』が掲載されました。

2016年12月12日[Scientific Reports]

NanoSquare卒業生の飯田琢也准教授と床波志保准教授らの
研究成果(DNAの二重鎖形成を「光」で加速する新原理)
12/5付でScientific Reportsに掲載されました。

本件は、大阪府立大学よりプレスリリースされました。

2016年11月30日[My Navi News]

山田幾也特別講師らの研究『酸素の還元・発生どちらにも触媒特性を示すMn酸化物を合成』がマイナビニュースで紹介されました。
【マイナビニュース】

2016年11月30日[日刊工業新聞]

山田 幾也 特別講師らの研究『2機能持つ新触媒材料』が掲載されました。

2016年11月29日[Advanced Materials]

山田 幾也 特別講師らが、2つの機能を併せ持つ新しい触媒材料の合成に成功し、論文"Bifunctional Oxygen Reaction Catalysis of Quadruple Manganese Perovskites"がAdvanced Materialsのオンライン版 Wiley Online Libraryで公開されました。

【大阪府立大学プレスリリース 】

2016年5月24日[科学新聞]

萩原 将也 特別講師らの研究 『3次元細胞組織培養 多方面から観察可能』が掲載されました。

2016年5月11日[日刊工業新聞]

萩原 将也特別講師らの研究 『多方面から観察可能』が掲載されました。

2016年5月6日[プレスリリース]

萩原 将也 特別講師らの研究"-組織再生研究を加速させる新技術―多面観察可能な三次元細胞組織培養プラットフォームを開発"がプレスリリースされました。
【大阪府立大学プレスリリース】多面観察可能な三次元細胞組織培養プラットフォームを開発
【関連論文】"Tissue in Cube: In Vitro 3D Culturing Platform with Hybrid Gel Cubes for Multidirectional Observations"

一覧を見る »